スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背文字

06/28
あなたの背に指をすべらせる
くすぐったそうにふり向くあなた

なに描いてるの?
さあ何だろう?

どんなに転げ回っても
あなたからは見えない背中
あなたが一番よく知っていることを
ないしょ話のように描いている
顔を埋めるなら
胸より背中がいい

指の動きが
見えることはなくても
唱える呪文の行き先は
あなたの骨の芯

望遠鏡を眺めても
顕微鏡を覗いても
見えない背
心の在り処のように
ふれるぬくもりも
ふれない視線も
瞳よりも深く
気配を受けとめる

あなたの背に文字を書く
こんなにも近くやすらかな具象
じぶんでありながら
実像を見ることのない
あなたからは遠く
観念をめぐる影法師
生まれる前は背中を合わせて
ひとつのからだを
共有していたのかもしれない

なに描いてるの?
さあ、目を閉じた暗闇に
眩しく浮かんでくるよ






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

水月りら (みづき りら)

Author:水月りら (みづき りら)
詩☆

☆すべての作品は、最愛のあなたのために☆
☆作品の著作権は、水月りらにあります。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。