スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮風

06/06
きみが果てしない海を
小さな船で渡るのなら わたしは
きみを浮かべる おだやかな海でいたい
わたしはきみの涙の落ちる場所
いくつもの涙を受けとめて
あたたかな潮風となり
きみの船を包んでいよう
がんばることに疲れたきみが
月のようなやわらかな光のなかで
小さな闇もうすれて千切れてゆくような
心休まる場所に運んでいる
きみの明日のためにしゃぼん玉の夢に
未来をふくらませている




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

水月りら (みづき りら)

Author:水月りら (みづき りら)
詩☆

☆すべての作品は、最愛のあなたのために☆
☆作品の著作権は、水月りらにあります。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。