スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花吹雪 星吹雪

05/19
時空の吐息に目覚めた青い蕾
空のまなざしを見つめて想い出す
あなたのひと呼吸に吸い込まれ
薄紅色の花びらひらく
すべての花は天に呼ばれて
愛のそばで咲き誇る

夕暮れに映る寂しさまじり
淡い花びらに映ろう
あなたの夕焼け色の鼓動
あざやかに焼きつく赫い影
涙のようにこぼれる記憶
あなたの瞳に咲きくずれていた
枯れてゆくことを待っているよりも
花びら散らし散らし
あなたについてゆく

あなたのゆびに手折られて
抱きしめられたかいなの和みに
あまたの花びら散りばめて応えている
てのひらににぎられたまま
萎えてゆけるのなら
刺さる棘の痛みも百夜の夢になる

黄昏にひびく愛しさまじり
あなたのそばで囁けるのなら
散らす花びらは尽きることなく
茜色に目を閉じる
林檎色の熟した時空に
にじ色の星屑の雨が降る
それがあなたの答えだった

浮世を離れ夕陽に溶ける
ふたりでひとつの花になっていた
その残照はいつまでも花吹雪
愛しているという真実だけを愛している
恐れもなく乱れ散り
宵闇を包みこむ星吹雪
あなたとわたしの   






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

水月りら (みづき りら)

Author:水月りら (みづき りら)
詩☆

☆すべての作品は、最愛のあなたのために☆
☆作品の著作権は、水月りらにあります。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。